今年、もう出会いましたか?

今年、もう出会いましたか?

今年も残すところあと1ヶ月ちょい。早すぎますね。ついこの前まで、逃げ恥にハマってたはずなのに。で、これ去年のことだと思って念のため調べたら、2年前なんですよね!!(2016年12月に最終回)もうこうなったら怖い。わたしタイムリープしてないよね。時をかけてないよね。2年って。わたし何してたんだろう、、、こんにちは。ローカルガールズ編集室のゆっこです。

ここはスタッフブログということで、ただただわたしの書きたいことを今回書いています。

先日、『株式会社うちの子も夢中です』さんへ取材に行きました。

(記事については後日アップしますので少々お待ちを。)→記事UPしました!なぜ奥出雲の野菜はおいしいの?/うちの子も夢中です。(奥出雲・島根)

奥出雲町まで車を走らせること1時間。(写真は途中で休憩した道の駅おろちの里)

車の中にいるけれど、どんどん外が寒くなってるのがわかるんですよね。この日の出雲市の温度が15度。11月中旬でちょっと寒かったです。そして奥出雲について、温度表示みると10度。出雲市内から5度も気温差がありました。
さっむ。
一応マフラー持っていったんですが、失礼かなって思って外したんです。そして挨拶して。代表の大塚さんがとっても優しい方で。速攻マフラー巻きましたね。(失礼だわ)

↑株式会社うちの子も夢中です 代表の大塚さん

寒いですね。というと、今日はあったかいですよ。と。
奥出雲町は11月下旬には初雪が降ることもあるそう。『今年はあったかいよ、カメムシは結構出てるけどね。』

この言葉がきっかけでカメムシのことが頭から離れなくなり、ブログを書くというところまで到達してしまいました。

(全くローカルガールズっぽくなくてすみません)

秋が深まるとカメムシの季節♪

まず、カメムシといえば。山陰のみなさんにはお馴染み『今年はどのくらい雪が降るのか占い@カメムシ』ではないでしょうか。毎年この季節になると、今年はカメムシ多いから雪が多いね、とか。去年よりカメムシ見ないから暖冬かも、とか。絶対この会話しますよね。なんでカメムシで占うんだろうって思いませんか?
ちなみに今年、わたしはあまりカメムシを見ない。暖冬の予想をしています。
これいつ、だれが始めたんでしょうか?ほかの地域でもこの占いやるの?

あ~絵でもカメムシって何か拒否感あるわ・・・

東京出身で、今出雲に住んでいる友達に先日この占いの話をしたら、とっても驚いていて。そもそも東京ってカメムシがいないようです。島根に住んで初めてカメムシという昆虫に会ったと。そしてそんな昆虫で(しかも臭い)雪の量を占うとかなんか笑える、と言ってました。結構みんな信じているし、なんか笑えるって。笑うな。もちろんわたしも信じてます。

現に、去年はめっちゃカメムシ見たんですよ。洗濯物に紛れてたりして。あれ??なんか臭い。なにこの臭い。ペラ。ギャーー‼そ〜ガラガラ、ポイ!という一連の流れ、よくやってました。

※解説  なにこの臭い。(洗濯物を)ペラ。ギャーー‼(悲鳴)そ〜(っと洗濯物ごと持って歩く)ガラガラ(窓開けて)ポイ!(さよなら!けどなんかなかなかしぶとくカメムシ側も引っ付いてるから、最後はブンブン振りまわす)

そして去年はほんとに大雪。めっちゃ大変でしたよね。カメムシ占い大当たりです。
今年はまだ一度もしてないから、暖冬だといいな。この検証結果は来春にしてみましょう!だれも興味が無くてもw

オススメ!カメムシ対処法

寒い奥出雲町へ行き、カメムシのことでもう1つ思い出したのは、島根県吉賀町に住むわたしのおばあちゃんです。厳密にいうといまは老人ホームにいて、吉賀町には住んでいません。(個人情報漏れ漏れ)
このおばあちゃんのカメムシ対処法をみなさんにお伝えして、カメムシの話題は終わりにしようと思います。

吉賀町もとっても冬は寒い。正月に帰省すると、積雪量も半端ないし、ほんと完全犯罪ができるほどの氷柱(つらら)がびっしりできている。(凶器は溶けて見つからない的な)

↑こんなレベルの氷柱(つらら)じゃない。刃渡り30cmくらい(もう凶器扱い)

そんなところなので、カメムシもハンパなくいるんですね。

小学校3年くらいだったと思います。そこら中にいるカメムシにもう怯えきってました。で、見つけるたびにおばあちゃーーーん!カメムシいるーー!と呼ぶ。そしたら割烹着姿のおばあちゃんが来てくれるんですよ。優しい。

『姫さん、姫さん』っておばあちゃんはカメムシのことを呼びます。(カメムシを“姫さん”“姫さま”など呼ぶおばあちゃんたちは多いはず)そう呼びながら手のひらに乗せるんです。カメムシもなぜかおとなしくおばあちゃんの手のひらに。そして、おばあちゃん。おもむろに割烹着のポッケに入れる‼‼

おもむろに割烹着のポッケに入れるんですよ。は??でしょ?笑
初めてみたときは、あまりに衝撃でなんか見てはいけないものを見てしまった‼と思い、誰にも言えず。
でもカメムシはまだいる。また呼ぶ。また割烹着のポッケに入れる。まだカメムシいる。また呼ぶ。また割烹着・・・・・・(永遠に続く)

そんな顔で見ないで(;;)

はい、・・・・・・これがうちのおばあちゃん直伝のカメムシ対処法です。その後ポッケのカメムシをどうしているのか?いつ処分しているのかは不明です。ご自分のさじ加減で行ってください。割烹着でもエプロンでも、「よし!カメムシを入れてやろう!」と思ってくれた方は、この対処法を試してみてください。

※実際わたしはドン引きしたし、絶対にできないです。(人に勧めておいて・・・)

もうカメムシについて語るのは終わろうとおもいます

すっごい自己中心的な内容になってしまいましたね。すみません。

だけどカメムシって臭いってだけでなんか面白くで話が盛り上がりませんか?
カメムシにやられた〜って話って、絶対笑えるし。だから嫌な奴だけど、話題提供にはもってこいな存在だなぁと。山陰の人なら誰でもカメムシネタ持ってそう。

↑カメムシの話題をするとこんなに盛り上がれますよ!

まぁローカルガールズには全くそぐわない内容でしたね。いいじゃん!スタッフブログだし!

ちなみに東京の友達、先日東京へ帰省して。スーツケースにカメムシ入れて帰ってたようです。ベランダから逃がしたそうなので、3年後くらいには東京でもカメムシ占い流行っているかもしれません。出雲産のカメムシ!東京で頑張って!!