キャンプ女子のオキテ

キャンプ女子のオキテ

今年はキャンプに行くぞと誘われているけど、
キャンプに行くときに準備するものってなに?
ワンピースで行ったら虫に刺されちゃったりするのかな?

暑くても長袖、長ズボンは必須!

キャンプ場は山場にある場所が多いため、夏でも寒さ対策はしっかりとしておくことをオススメします!今年の夏はあまりにも暑いため、ショートパンツやTシャツ一枚で行こうと思われる方も多いと思いますが、キャンプ場に行く際には少なくとも1枚は羽織るものと、長ズボンを用意しておくとよいでしょう。

天候にもよりますが、風が強く肌寒く感じる方もいますし、もし悪天候で雨が降った場合にはかなり地面の温度が下がり寒く感じることもあります。せっかく楽しいキャンプで体調を崩して風邪を引いてしまわないようにしたいものですね。高度の高い山間部のキャンプ場は朝霧に包まれる場所も多くありますので、十分に対策をしていかれると良いです!

虫の対策も忘れずに

初めて行かれる方はあまり聞きなれないかもしれませんが、キャンプ場には普段は見慣れない虫がいます。特に注意してもらいたいのは、ブヨ・アブ・蚊・マダニ・蜂です。夏場は日中高温のため、虫たちも静かにしていますが、夕暮れ時から夜、明け方にかけては注意が必要です。筆者も安易に薄着でキャンプ場へ行った際、ブヨに刺されてしまい、足が腫れあがっていました。薄いスパッツのようなものでも履いて、身体を保護すれば虫たちを避けることができます。また虫よけスプレーや香取線香なども威力を発揮してくれますので、必ず用意しておきたい必需品です。

キャンプ場ではオシャレじゃなくてもいい

異性の男性とキャンプへ行く際には、ついついオシャレをしてワンピースで行きたいと思ってしまう方もいるかと思いますが、キャンプへ行く際には汚れてもよい服装でいくのがベターです!!またアクセサリー類もなくしてしまう可能性があるものは注意をしてください。うっかり外してどこかへ行ってしまったり、アクティブな遊びをしている際に盛り上がって落としてしまうこともあります。また服装を気にしてバーベキューの手伝いができなかったり、片付けができないと気を配れない人と思われてしまってもいけませんね。バーベキューの炭は特に注意が必要で、白っぽい服につくとなかなか落ちませんので、そのリスクを考えた服装がよいです。

ショートパンツ&レギンスが鉄板コーデ

山ガールといえば、ショートパンツにちょっと派手なレギンスです。レギンスは汗をかいても通気性が良いものを選んでください。冬用としても使うことができるので、1本あればかなり使う用途が多いです。また肌を保護する役目もありますので、日焼け対策にも使えますし、虫よけにもなります。ぜひ揃えておきたい鉄板アイテムです。ユニクロやGUなどでも売られていますので、ぜひ探してみてください。

 

山陰おススメのキャンプ場

わかあゆの里(島根県出雲市)


出典:http://americamps.naturum.ne.jp/d2012-04.html
〒693-0216 島根県出雲市乙立町5263−14 予約:0853-45-0102
設備が整っていてキレイなキャンプ場です。一面見晴らしがよいので、小さいお子様連れでも安心して遊ぶことができる場所です。
オートキャンプ\4,000(1区画/1泊)
オートデイキャンプ\2,000(1区画/日帰り10時~16時)
通常キャンプ\2,200(1区画/1泊)
通常デイキャンプ\1,100(1区画/日帰り10時~16時)
10名以上 1人110円追加

 

桂島キャンプ場(島根県松江市)


出典:https://blogs.yahoo.co.jp/keebow121/53868402.html
〒690-0401 島根県松江市島根町加賀 予約: 0852-85-2902
あまり知られていない場所であり穴場です。7月~8月のみキャンプ可能。海がとてもきれいであり、天候がよければエメラルドグリーンに輝く海面が見ることができます。
キャンプサイト1区画使用料金:日帰り1000円、宿泊1500~2000円