【出雲だんだんライド】コムスの魅力を開発元のトヨタに聞いてみました!

【出雲だんだんライド】コムスの魅力を開発元のトヨタに聞いてみました!
コムス写真

コムス大好き!ローカルガールズ編集部みぃです!

みなさん、電気自動車のコムスをご存じでしょうか?

出雲市の他にも沖縄でも乗れるということで、そのコムスの知られざる魅力や導入背景が気になり、夜も寝られなくなってしまいました!

なので、個人的にトヨタの担当者である大西さんに突撃インタビューしてみました!

題して隣のトヨタさん!

目次

Q1 コムスを導入したキッカケ

Q2 コムスPR方法

Q3 コムスを導入して成果として現れた点

Q4 コムスを利用したい縁結びの地「出雲大社への観光客」の方々へ一言



Q1 コムスは観光利用では出雲市以外にも沖縄も導入されているということですが、沖縄でコムスを導入したキッカケは何でしょうか?


なぜ?

A もともと豊田市では短距離かつ短時間で利用できるコムスを用いたHa:moという事業をおこなっていました。

別件ですが沖縄で電気自動車関係の開発をしていたメンバーがいました。

そこで観光に関して沖縄をより良くしていくために協会・レンタカー・行政で協議会が発足され、トヨタも一緒になって参加させていただきました。

そこでトヨタも電気自動車を提供させていただくことになり、2016年から、美ら海水族館などで実証実験を行い、利用需要があったため導入に至りました。



Q2 最初の認知度は低かったと思いますが、観光客の方に広く知ってもらう為に沖縄で行ったコムスPR方法は何でしょうか?


PR方法

A PR方法としては、ホームページや紙媒体、フリーペーパーやリスティング広告、テレビやラジオ、SNSで発信をしていきました。なかでも観光客の方により多く届けられた方法がSNSです。SNSで各お店と連携して発信したものが最も反響の大きいものでした。事業としてお金をあまりかけられないプロジェクトだったので、なおさらありがたいと思いました。



Q3 沖縄でコムスを導入して成果として現れた点は何でしょうか?


成果

A 基本的に観光地側の希望としては、観光客の方に少しでも長く滞在していただいたり、宿泊していただくということを重視されています。

そこでは協会や企業だけではなく、町全体として盛り上げていく必要性があります。

そこの一翼としてコムスを利用していただき、お役に立てているのはありがたいことです。



Q4 コムスを利用したい縁結びの地「出雲大社への観光客」の方々へ一言お願いします


一言

A 出雲は出雲大社以外にも見どころがいっぱいなので、レンタカーなどの車ではなくコムスでアトラクション的に楽しみながら楽に散歩していっていただけると嬉しいです。



今までコムスに無邪気にただ乗っているだけの私でしたが、コムスに関する並々ならぬ裏話が聞けてコムスへの愛情がさらに深まりました。

これで私の睡眠不足も改善されそうです。

大西さん!ありがとうございました!

だんだんライド予約サイトはこちら→出雲観光協会ホームページ

コムスへの愛情が芽生えた方はこちらの記事もどうぞ→今がチャンス!出雲市で電気自動車に乗ってみませんか?