鳥取に復活した入らない温泉「ラドン熱気浴」とは?!

  • 2021年6月4日
  • 2021年6月4日
  • 山陰

2020年6月20日に、三朝温泉のシンボルともいえる施設「すーはー温泉」が復活しました。

この施設は、2016年10月の鳥取県中部地震の後に、耐震性が低いとして一度解体されましたが、町が土地を買い取って再建を進めていました。

そこで今回は、意外と知られていない、ラドン熱気浴について、ご紹介します。

ラドン熱気浴はどんな温泉?

温泉と聞くと、お湯に浸かることで、体を温めながら心身の疲労を癒したり、健康を増進させたりするものだとイメージするかもしれません。

ラドン熱気浴は、「吸う温泉」とも言われており、高濃度のラドンを呼吸で体内に吸い込むという、三朝温泉だからこそ体験できる入浴法なのです。

呼吸によって吸い込まれたラドンは、体内を循環する血液を経由して、全身の細胞の働きを活発化させる効果があると言われています。

それによって、免疫力だけでなく、新陳代謝や病気からの回復を促進することが期待できるのです。

お湯に入らなくても温泉としての効能を体感できるため、誰でも気軽に立ち寄れるのが魅力となっています。

ラドン熱気浴施設「すーはー温泉」の概要

すーはー温泉は、鳥取県三朝町にある三朝温泉街で楽しむことができます。

木造地下1階、地上2階となっている、大正時代のデザインを引き継いだ建物は、レトロで懐かしい雰囲気を感じさせてくれるでしょう。

地下には、ラドンを含んだ蒸気で満たされた熱気浴室が用意されており、1階と2階では、地下から引いてきたラドンを、服を着たまま体感できるようになっています。

通常の温泉とは変わった入浴方法になるため、新しい体験をしたいという人にはおすすめの施設ですよ!

施設は毎週火曜日が休館日となっており、利用できる人数が限られているため、あらかじめ予約をしてから足を運ぶ必要があります。

また、地下の熱気浴室を利用する場合と、1階と2階の乾式熱気浴室を利用する場合で、利用料金が異なってくるため、あらかじめチェックしておきましょう!

詳細

天然ラドン熱氣浴泉「すーはー温泉」

住所〒682-0122 鳥取県東伯郡三朝町三朝931-1
TEL 0858-33-5772
営業時間午前9時30分~午後6時まで(要予約)
午前3回、午後4回の入れ替え制 計7回/1日
体験時間1時間~2時間程度
HP特定非営利法人 NPO みささ温泉

最新情報をチェックしよう!