モコモコ泡を作りたい!

顔はモコモコの泡で洗う方が綺麗になると聞きますが、結構泡立てるのに手間を取られてしまい重労働です。

泡で出てくる洗顔料を使わず、お気に入りのチューブタイプ洗顔料を使ってうまくモコモコの泡を作る方法ってないのでしょうか。

100均で大人気!ほいっぷるん!

ダイソーで売っている『ほいっぷるん』を使うことにより、朝の超忙しい時間帯でも簡単にモコモコの泡を作ることが出来ます。

一時期大人気すぎて品切れ状態でしたが、今はだいぶ入荷されてきた様子です。

泡の作り方は非常に簡単で、容器に洗顔料をいつもの半分くらい入れ、水をすこーしだけ足します。

後は何回か持ち手部分を上下に動かすだけでモコモコ泡の完成です!

洗顔料の泡立てなんて、泡立てネットで充分と思っている人もいると思いますが、泡立てネットって使った後にしっかりと乾燥させてあげないと、すぐにカビが生えてしまい不衛生になってしまいます。

カビの生えた泡立てネットで作った泡で顔を洗う事は、はたして肌にとって良いことなのか…。

しかしこのほいっぷるんであれば、カビも生える事なく、いつでも衛生的な状態で泡を作る事が出来ます。

セリアでも似たような商品がありますが、大きさから考えるとダイソーのほいっぷるんの方が使い勝手は良さそうです。

ほいっぷるんよりきめ細かい泡を作りたいのであれば!

ほいっぷるんでも充分にモコモコの泡ができますが、もっともっときめの細かい泡を作りたいのであれば、また100均へ行ってみてください。

用意する物はキッチンコーナーにある小さなステンレス製のボウルと、絵の具を塗る時に使う筆を1本購入するだけです。

実際エステティシャンから教わった方法なので、かなりふわふわモコモコな泡が出来上がります。

作り方はいたって簡単です。

筆で泡立てる時間が必要なので、ほいっぷるんよりも時間はかかってしまうのが少々難点ですが、洗顔料をボウルに入れ、水をちょっとづつ足しながら、筆で泡立てていくだけです。

ここで水を足しすぎると、ふわふわモコモコの泡を作ることが出来なくなります。

なので様子を見ながら水を少しづつ足していってください。

頑張って泡たてていくと、ものすごくきめの細かい泡が完成します。

この泡で顔を洗うと、もう泡立てネットには戻る事はできなくなってしまいますよ。

まとめ

洗顔は手で擦るのではなく、泡で撫でるように優しく洗う事が汚れを落とすコツです。

100均アイテムだけでふわふわモコモコな泡を作れるなら試してみる価値ありですよ!