日々の掃除でダイエット!家も綺麗に自分も綺麗になれる!

日々の掃除でダイエット!家も綺麗に自分も綺麗になれる!

フィットネスクラブに通うのもお金がかかるし、そもそも運動って長く続けられない…そんなあなたにぴったりなダイエット法があります。

続くか心配…と思っていても大丈夫!日々の掃除を真面目に取り組めば、かなりの消費カロリーになるので家も綺麗になり、ついでに自分も綺麗になれますよ!

●窓拭きダイエットでピカピカ!

窓拭きってついつい見て見ぬふりしてサボりがちですが、真剣に窓拭きをするとかなり疲れます。

その疲れる方法教えちゃいます!
「疲れるの嫌だ!」と思ってもダイエット運動と思ってくださいね。

まずは雑巾を窓用クリーナーや水で雑巾を濡らし上の方から動作を大きく左右に拭いていきます。

(外側の場合あまりに汚れがひどかったら1度水をかけて軽く流してください)

この時なるべく手と足が一直線になるようにピンと伸ばしオーバーなくらい体を動かして拭きましょう。

雑巾は左右持ちかえてくださいね。

このままだと拭き後が残ってしまうので、続いて乾拭きですが、これもオーバーな動きで隅々まで拭きあげます。

この動作を家にある窓全部にすると結構疲れるのです。

それだけカロリーを消費したって事ですよ!

●お風呂掃除は率先してやる!

1番めんどくさい水回りの掃除と言ったらお風呂掃除ですが、率先してやりましょう。

この時電動ポリッシャーなんて使ってはいけません!

使うのはお風呂用スポンジ!

お風呂用スポンジ1個で浴室の壁も浴槽も全て掃除しましょう。

高いところはつま先だちでゴシゴシ!
低いところは屈伸運動のようにゴシゴシ!

床もきちんとゴシゴシと掃除したら浴槽内も屈伸運動でゴシゴシしてください。

これだけでお風呂も綺麗になり、いい運動になりますよ!

最後の仕上げでスクレーパーなんて使いながら水気を取るとカビづらくなり、より運動量も上がります。

●部屋の床は拭き掃除!

床掃除はクイックルワイパーでゴミを集めた後、水拭きで仕上げをしましょう。

これは床の面積が広ければ広い程ハードです。

しかし、この床拭き掃除は掃除の中でもかなりカロリーを消費する部類なので、気合いを入れて掃除をしましょう!

しかもホコリはクイックルワイパーで撫でただけでは完全に取りきれていないので、綺麗になったつもりでも触ってみるとザラザラしていたりします。

床拭きも取り入れたら一石二鳥の掃除ダイエットになりますね!

●まとめ

日々の生活で、めんどうな掃除をしながらダイエットもできるなら、嫌々やっていた掃除も「クビレたウエストのため!」など思いながらやれば頑張れちゃいますよ!

お金もかからず、家も綺麗になって自分も綺麗に痩せられるなんて、一石二鳥どころか一石三鳥とも言えるでしょう!