お肌の夏のダメージは早めのケアを!

お肌の夏のダメージは早めのケアを!

夏はとにかく紫外線が多い季節。

日焼け止めをいくら塗っても、汗ですぐに取れてしまい、日焼けをしてしまったなんて泣けてきます。

うっかり日焼けしてしまった夏のダメージ肌は早めにケアしてしまいましょう。

●日焼けした肌って健康そうだけど?

一時期こんがり日焼けした小麦色の肌が流行っていましたが、年齢を重ねるごとにシミの原因になります。

ついでにしわ、肌のたるみの原因にも…。

シミやしわに悩まさられるくらいなら、紫外線対策をしなくてはいけません。

日焼け止めを塗る以外にも、日傘やUVカット加工されたアームカバーなどを使い徹底的に紫外線から肌を守りましょう。

しかし厄介なのがシミなどが表面に現れるまで時間がかかるのです。

なので夏の間に浴びた紫外線は秋から徐々に現れ始めます。

気候の変化によっても肌にはストレスがたまってしまうため、夏の日焼けでダメージを受けた肌を改善しないまま冬に突入してしまうと、今度は乾燥で肌に大ダメージを受けて肌荒れの原因にもなります。

●具体的なケア方法はどんなの?

しっかりとスキンケアを行う目的は、夏のダメージを改善するだけではなく、冬の乾燥肌の改善も目的としています。

秋にきちんとケアをする事により、かなり肌質は変わってくるはずです。

保湿効果が高いヒアルロン酸や、セラミドが配合されている物でスキンケアする事により夏のダメージ肌にうるおいを与えてくれます。

ちなみに元々肌内部にあるセラミドなどが少なくなると肌の内側から保湿が出来なくなってしまうのです。

夏の紫外線でかなりのダメージを受けた肌でそのまま冬に突入してしまうと、水分が蒸散しやすく、カサカサの肌になってしまうのです。

お風呂に入った後、肌が温かい状態でスキンケアをすると、より浸透してくれるので、お風呂上がりにすぐに手入れに入りましょう!

シミ対策には美白効果のあるスキンケア用品も取り入れていけば、ダブルで肌ケア出来るので、冬になって慌てるよりも早めの対策をオススメします!

ついでに、秋も紫外線が多量に降り注いでいるので、日焼け止めはきちんと塗っておきましょうね。

●まとめ

夏の日焼けは本当に侮れません!
徹底的に日焼け止めを塗り、日傘などを併用して使って行くことをオススメします。

若いからそんなの気にしないと言っていると、年を取った時にシミ、しわ、たるんでしまい、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

夏の紫外線はかなり強いのでどんなに頑張っても、少なからず紫外線を浴びてダメージを受けてしまいます。

冬の乾燥にもつながるので、スキンケアは怠らないでください。