捨てちゃダメ!卵の皮でアンチエイジングできるって本当?

捨てちゃダメ!卵の皮でアンチエイジングできるって本当?

目玉焼き、卵焼き、ゆで卵みんな大好きな卵料理ですが、食べる部分といったら中身だけで殻はすぐに捨ててしまいますよね。

その殻のところに張り付いている薄皮が年齢を重ねて「そろそろ本格的にアンチエイジングしなきゃ」と考えている女性にはかなりありがたい薄皮なのです。

●卵の薄皮でなぜアンチエイジング!?

ゆで卵を剥く時になかなか剥がれなくてイライラする薄皮ですが、実はこの薄皮には肌に嬉しいヒアルロン酸がたっぷりと含まれているのです。

ヒアルロン酸は非常に高い保湿効果力を持っていて、化粧品やサプリでも注目株です。

美容整形では若返りの注射薬として使ったり飲んだり、塗ったり、注射したりとあらゆる事に盛んに使われているものです。

これがわざわざ美容整形に行かなくても日々の料理の時にヒアルロン酸をたっぷりとお肌に染み込ませる事ができるなんて素晴らしいですよね!

●薄皮パックの方法!

卵薄皮パックすると言っても、なかなか綺麗に剥けないのが難点です。

特にゆで卵の薄皮なんて細かく取れてしまい、とてもパックができる状態の薄皮ではありません。

生卵を割った時に少し薄皮が飛び出たりしていますが、これをうまく利用してピンセットなどでペロペロと切れないように剥いてください。

ある程度の大きさがあれば充分なので完璧に薄皮が剥けなかったとしても大丈夫です。

卵の殻から剥いた薄皮を、シワが気になる目元やほうれい線など、現在自分が気になっている部分にペタりと貼り付けておくだけで、高い保湿力とヒアルロン酸をぐんぐんと吸収していきます。

卵の薄皮を剥がすタイミングとしては、乾ききらないぐらいで剥がすのがベストタイミングです。

後はいつものお手入れをしてください。

●卵アレルギーの人は注意が必要!

子供に多い卵アレルギーですが、まれに大人になっても卵アレルギーを持っている人がいます。

軽度の卵アレルギーであれば(私も軽度の卵アレルギーです)調子が悪くなければ、おそらく使用しても問題ないと思うのですが、卵の薄皮を貼り付けた部分が赤くなったり、ブツブツができたら即使用を中止してください。

私は体調が良い時は使用していますが、風邪をひいたりすると、卵粥でもアレルギーが出るので自分の体調を見て使用しています。

●まとめ

高級なアンチエイジング化粧品を使ってみても効果が実感できない時ってありますよね。

卵の薄皮ならすぐに始められるので興味があったら薄皮パック試してみてください。