ダイエットに効果大!女性に嬉しい成分もいっぱい豆乳!

ダイエットに効果大!女性に嬉しい成分もいっぱい豆乳!

豆乳て結構苦手という人が多いので、バナナ味などの豆乳飲料なども出回っていますが、本家本元の無調整豆乳の方が、かなり濃い目の豆乳なので女性の悩みに効果も高くなります。

●豆乳はいつ飲めばダイエットに効果的なの?

豆乳の中には大豆サポニンという成分が含まれています。

この大豆サポニンには満腹中枢を刺激する効果があるので、食事の30分ぐらい前に豆乳をグビグビと飲めば、満腹中枢が満足してくれるので食べ過ぎ防止につながります。

 

何度かダイエット中に食事の前に豆乳を飲んだら、牛乳と違った豆乳の独特の重みのあるのどごしなので、確かに胃袋が膨れた感じになり自然と食事の量も減りました。

 

友人にこの事を伝えたら、実践してみたらしくやはり同じ事を言っていたので、ダイエット中は食事の前に豆乳を飲むことをオススメします!

ただし、飲みやすい豆乳飲料だと糖分も入っているので、調整豆乳でチャレンジしてみましょう。

●小腹がすいた!そんな時は…

ダイエット中は小腹がすくものです。

特に夜なんてお腹がすきすぎて、テレビで食べ物の特集なんかをしているのを見てしまうと、もう我慢の限界となってしまいます。

 

しかしここで挫折しては今までの努力が水の泡となってしまいます。

そんな時はコップ1杯の豆乳を冷たいまま飲むのではなく電子レンジでチンをして、熱々の豆乳を飲むことにより、時間をかけて飲む作業が増えるうえに、温めると甘さを感じるので夜中にお菓子に手を出すことがなくなりますよ。

 

しかも夕食での食べた余分なコレステロールなども豆乳のタンパク質が吸着して、翌朝の快便にも役立つので一石二鳥です!

●ダイエット以外には効果がないの?

豆乳には大豆イソフラボンの成分がたくさん入っています。

 

この大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれるものなので、生理不順で悩んでいたり、そろそろ更年期かも?と悩んでいる女性にはありがたい成分が大豆イソフラボンなのです。

 

ダイエットだけではなく女性としていつまでも美容と健康に気を使っていける飲み物なんですね!

これなら豆乳はダイエット以外に飲まないなんてもったいない事ですよね。

●まとめ

やっぱりどうしてもクセがあるので豆乳は好き嫌いがあります。

そんな時はミキサーでバナナなどを混ぜて、バナナ豆乳シェイク的なものを作れば、バナナと豆乳でお腹も大満足できますし、豆乳のクセのある味も消えて飲みやすくなります。

 

前日飲み会などで食べ過ぎてしまった時は朝食を、バナナ豆乳シェイクに置き換えてしまえばダイエットも続行できますね。