暇な時間を有効利用!ほうれい線を消しちゃおう!

暇な時間を有効利用!ほうれい線を消しちゃおう!

年を重ねるごとに気になるほうれい線ですが、放置しておいても改善はする事はありません。

そんな気になるほうれい線を暇な時間を見つけて有効利用し、少しだけ若返りましょう。

●ほうれい線の実態とは…

年を重ねていくと肌の水分量も徐々に減少していき、ハリのないたるんだ頬を生み出してしまいます。

それとハリ以外にも頬の筋肉の衰えによるたるみもほうれい線が出来る原因に…。

 

筋肉が低下すると地球の重力に具体的には、頬についている脂肪がたるみ、逆らえず下へ下へと落ちていき、溝になってしまうのです。

 

この溝にファンデーションが入り込み余計ほうれい線が目立ってしまうんですよね…。

美容クリニックに行くとほうれい線を消してくれる注射がありますが、なかなかのお値段がします。

しかも効果は半永久的ではないので、効果が薄れてきたらまた美容クリニックに行って注射を打つの繰り返しです。

持続期間は個人差もありますし、打つ注射によっても変わってきます。

目安としては最長で6ヶ月程度なので、上手くいけば年に2回で済みますが、世の中そんなに甘くはないので、頻繁に通わなくてはいけない人もいることでしょう。

●手軽に出来る暇つぶしほうれい線消し!

例えば接客業でも、デスクワークでもちょっとでも暇を見つけたら、ほうれい線を消すマッサージを暇つぶしついでにやってしまいましょう。

 

やり方はとても簡単でほうれい線を中心として頬のあたりを手で優しく、クルクルと円を描くように(ちょっと上に上げぎみで)両方の頬のマッサージを同時に行ってみてください。

これ2、3分やるだけでも、ほうれい線が一時的ですが薄くなります。

 

ただ仕事中はクリームをつけたりしてないので、滑りが悪く強く擦ると化粧崩れの原因となってしまいます。

仕事中は化粧が崩れない程度にほうれい線マッサージをしましょう。

 

お家でテレビを見ている時には、ぜひマッサージクリームを使って滑りを良くして、テレビを見ながらクルクルとマッサージしていれば、わざわざ顔のマッサージの為に時間を作らなくても、ながらマッサージができてしまうので、これも時間の有効利用ですね。

●まとめ

ほうれい線はよく笑う人ほどできやすいとも言われています。

そんな言葉を聞いてしまうと、幸せな線かも…と思ってしまいますが、ほうれい線があると確実に老けて見えるので、自分は幸せ者だ!と思い込みつつほうれい線を消す為に少しでも時間が出来たらマッサージして老け顔から抜け出しましょう。