この季節お肌のお手入れどうしてる?

2月も後半、益々寒くなってきましたね。

皆さん、寒い季節のお肌のお手入れどうしてますか?

寒くなるとお肌の「乾燥」「肌荒れ」が気になってきませんか?

冬は寒さや風の冷たさなどが増し、お肌にとって過酷な環境になります。肌は冷えることで機能が鈍ったり、皮ふの活力が低下したりして、いきいきとしたハリが失われやすくなります。寒くてもお肌の潤い、保ちたいですよね!

冬だから、乾燥するからいつもより化粧水をたっぷりつけている、高価な美容液でしっかりと保湿している、という人は多いと思います。しかし保湿ケアをいくらやっても、全く良くならない方も意外と多いかもしれません。なぜでしょう?

思い当たる方は間違ったスキンケア、自己流のスキンケアをしていませんか?

一度自分のお手入れ方法を見直してみてはどうでしょう?

自分ではしっかりとしているつもりのお肌のお手入れ、実は間違っているのかもしれません。では、間違ったお手入れとはどのようなものでしょう。

① ゴシゴシこすり洗いをしている

洗顔やクレンジングの際にゴシゴシと力を入れてこすり洗いするのは、お肌を傷つけてしまい角質層にもダメージを与えます。ただ洗えばいいというわけではないのですね。

② 過剰なお手入れ

ピーリングや毛穴パックなどの頻繁なお手入れも角質層が傷つきやすくなる原因です。特別なお手入れもほどほどに、ですね。

1日に何度も洗顔するのもよくありません。洗顔のやり過ぎはお肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌を悪化させます。洗顔は1日2回までが目安です。

③ 熱いお湯ですすいでいる

洗顔やクレンジングは、ぬるま湯ですすぐのが正しいやり方です。

お湯のシャワーを直接お肌にかけるのもよくありません。シャワーの水圧が角質層にダメージを与えます。私、これやってました!ダメなんですね、ちょっとショック。

④ 洗顔料を泡立てずに洗顔している

洗顔料は必ずたっぷりの泡を立ててから洗顔するのが正しい方法です。キメの細かい、モコモコの泡でなでるように洗いましょう。モコモコ泡作るの意外と難しいけど頑張りましょう。

⑤ 洗顔後すぐに保湿ケアをしていない

洗顔後はお肌が乾燥しやすくなっている状態です。時間をおかずに、すぐに保湿ケアを行いましょう。正しい保湿ケアの手順は化粧水→美容液→乳液→クリームの順につけていきます。乳液より美容液の方が先なんですね。私、知りませんでした。

この5項目を見直すだけでもお肌は変化してくるのではないでしょうか。

実際に私もあてはまることが多かったので、参考にしたいと思います。

補足として日常の食生活でお肌の為に気をつけることはこちら

肌を丈夫にし、潤いを保つビタミンAは、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。1日100gは食べるようにしましょう。

野菜は体を冷やす生野菜よりも温野菜の方がおすすめです。温野菜、美味しいですよね。

市販の野菜ジュースよりも野菜そのものをとりましょう。

正しいスキンケアと食生活でお肌を冬の乾燥から守りましょう。みんなできれいになりましょう!

最新情報をチェックしよう!