境港発の新名物「アマビエじゃないよアマエビだよ!」の魅力を紹介!

  • 2021年5月13日
  • 2021年5月28日
  • 山陰

新型コロナウイルスの収束の見通しが立たない中で、いかに新しい生活様式を取り入れて日々の生活を楽しむかが重要になっています。

他県への移動が今まで通り行いづらい雰囲気もあり、「遠方の親戚や知人とコミュニケーションを取れる手段やきっかけがない」と悩んでいる人も多いようです。

そのような情勢の中で、鳥取県境港市にある「小倉水産食品」が、魅力的な新商品を開発したという情報をキャッチしたので、皆さんにも紹介させていただきます!

「アマビエじゃないよアマエビだよ!」の特徴

引用:http://www.kokura-suisan.co.jp/low/news.php?id=26

「小倉水産食品」は、1954年に鳥取県境港市に設立された、水産加工食品を製造・販売している会社。

国産素材と無添加にこだわり、安心・安全な加工によって魅力的な商品を多数開発しています。

そんな「小倉水産食品」が2020年6月に開発した「アマビエじゃないよアマエビだよ!」は、お刺身級の甘えびの旨みを閉じ込めたアマエビ。

日本海産の厳選された甘えびを無添加・無着色で約40時間冷風乾燥しているのが特徴で、ほんのりとした塩味やナチュラルな甘みを楽しめます。

外側はパリッとしており、噛めば噛むほど味が広がるので、一度食べたらきっとやみつきになるでしょう。

商品名にもあるように、江戸時代に描かれた疫病を封じる妖怪「アマビエ」とリンクさせることで、疫病退散を祈願する想いも込められています。

自宅用としてはもちろん、県外の親戚や知人へのプレゼントとしてうってつけですよ!

オンラインショップで「アマビエじゃないよアマエビだよ!」を購入することもできるので、他県に住んでいる場合でも気軽に自宅へ取り寄せることができます。

他にも「じゃころっけ」や「かに甲羅ちらし寿司」といった惣菜や、「するめ糀漬」や「焙りほたるいか」など、海の幸を魅力的な味わいで楽しめる商品を販売しているので、この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか?

基本情報

小倉水産食品

HP(有)小倉水産食品
オンラインショップアマビエじゃないよアマエビだよ!|小倉屋オンラインショップ
最新情報をチェックしよう!