入浴剤でバスタイムを特別な時間に

在宅ワークが始まり、自宅にいることが多くなってきたこの頃です。ストレスが貯まらないように色々なことに挑戦をしていますが、なかなかこれといった決めてがないんですよね。そんな時、友人が勧められたのが「入浴剤」です。普段お風呂のことってそんなに気に留めていませんでしたが、入浴剤を使うだけで香が変わったり、気分転換になることを知りました。今日はそんな毎日のバスタイムを楽しい時間に変えてくれる『入浴剤』です。

入浴剤には、アロマの香りやお風呂のお湯に彩りを与えてくれたり、発汗作用などの効能があります。お風呂は熱いお湯に浸かればそれだけで、疲れが癒えると思っていましたが、入浴剤を使うことで更にリラックスすることができちゃいます。

液体タイプのバスエッセンスや粒上のバスソルトなど、いろいろな形状があり、価格も安価なものから高い物まで様々です!普段気にも留めていなかったのですが、どんな入浴剤があるのか改めて見てみると思ったよりたくさんの種類の入浴剤があって驚きました!こっ、こんなにあったとは、、、(世間知らずなわたし)

おしゃれなもの、健康に良さそうなもの、気分転換になりそうなもの、などなど、、、。美人になれる入浴剤があれば、それが欲しいw

薬局屋さんを巡り、選びに選んだ結果、3種類の入浴剤を購入!

アーユルタイム

まずは、『アーユルタイム』という入浴剤。(バスクリン)

「美しさ引き出すコンディショニングバスソルト。オリエンタルハーブと天然アロマが染み込んだバスソルトに身も心もゆだねて。」というキャッチコピーに惹かれました。

種類は4種類あり迷いましたが、天然アロマのフランキンセンス&サンダルウッドの香りがするぬくもりブレンドタイプ。

マチルスエキスとショウガエキスというオリエンタルハーブも入っていて保湿効果もあるみたいで嬉しいです!

【お試し】

袋を開けると、濃い赤色の粒状のバスソルト。そして実際にお風呂に入れてみると、、、。

お湯の色はナチュラルピンク(透明タイプ)で、キツすぎず弱すぎないアロマの香り。アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)の気分になっておしゃれなバスタイムの出来上がりです。入浴後も体にアロマの香りが残って癒されちゃいました!

きき湯

2つ目はその日の症状、その日のうちに。で知られている『きき湯』です。(バスクリン)なんだかこのパッケージは年配方の匂いを感じます

『きき湯』はボディケアライン、スキンケアライン合わせて6種類あります。

腰痛・肩こり・疲労・冷え性・肌荒れ・ニキビ・しっしんなど、体やお肌の症状で選ぶことができます。香りも、カボス・はちみつレモン・ラムネ・潮騒・湯けむり・リーフと種類が豊富です。私は肩こりなので、「肩こり・疲労回復に」の効能がある黄色の『きき湯』を試してみることにしました。

【お試し】

袋を開けると粒状の黄色いバスソルト。 

お風呂に入れてみると美味しそうなはちみつレモンの香りが広がりました。 お湯の色はレモン色。(透明タイプ)身体を芯から温めて、疲れや肩や腰の痛みを和らげてくれる感じがしました。湯舟の中で足のマッサージをしてみてもいいですね。

爆汗湯

最後にご紹介するのは@cosmeでクチコミ第1位になったこともある爆汗湯(ばっかんとう)です。(バイソン)

ネーミング&見た目からして大量の汗をかきそう!

調べてみると、☆パチパチはじける☆エキサイティングなHOT風呂!
サウンドシュガー(うるおい粒)から炭酸ガスがはじけて、楽しいサウンドのお風呂に!と書いてあり。大丈夫なんだろうかと、恐る恐るです。ゲルマニウム(保湿成分)、温泉ミネラル(すべすべ成分)、脂肪分解酵素(清浄成分)も入っています。

さらに、ひきしめHOT成分のトウガラシエキス・ショウガエキス(ホット成分)・岩塩(ひきしめ成分)も入っていて脂肪燃焼やひきしめ効果に期待です!

【お試し】

袋を開けたらソーダスカッシュの香り。パチパチ感を楽しもうと思って、まずは湯舟に入ってからバスソルトをお風呂に入れました。

すると、粒がパチパチと音を立てながら弾けてまるで炭酸飲料の中にいる気分になりました!パチパチは2~3分続き、けっこう長く楽しめ、お湯の色はホワイトソーダ(白濁)。発汗作用は思ったほどではなく、一般的な入浴剤と同じかなという感想です。

3種類の違ったタイプの入浴剤をご紹介しましたが、他にもオススメの入浴剤があればドシドシご連絡ください!みなさまから頂いた情報があればローカルガールズでチャレンジしてみます。

最新情報をチェックしよう!